10月のおすすめ


【かくりよの宿飯】

祖父譲りの妖(あやかし)達が見える能力を備えた女子大学生の葵が、

妖である鬼神に連れ去られ”かくりよ”の生活を余儀なくされることとなり、

さらに祖父の残した思わぬ借金を背負うことにもなる。

借金のかたに鬼神の妖との婚姻を迫られることになるのだが、これを拒絶して

1億円もの借金を返していく約束をしてしまう。

祖父から教わった料理の腕を活かして”かくりよ”で小料理屋”天神屋”を開くが

葵に好意的な従業員もいるがそうでない者もいる。

こうして葵は天神屋の妖達と関りながら、

”かくりよ”での初めての仕事に翻弄されていくことになる。













【Sonny Boy】

8月16日。長い夏休みも半ばを過ぎ、中学3年生の長良たちは学校に集まっていたが

突然、予想もしない事態に巻き込まれてしまう。

長良はもちろん、希・瑞穂・朝風ら36人のクラスメイトたちは、

彼らが通う学校もろとも異次元に漂流してしまったのだ。

更に彼らは、漂流と同時に人知を超えた“能力”を手にする。

しかし、その能力を私利私欲のために使う者もおり、

生徒同士に不信や対立が生まれてしまう。

平穏な日常から一変、サバイバル生活を余儀なくされた長良たち。

彼らは無事に元の世界に戻ることができるのだろうか…。









【出会って5秒でバトル】

全国トップクラスの頭脳を持つゲーム好きな白柳啓はある日突然、謎の男の襲撃を受ける。啓はゲーム感覚で男を撃退するも、さらに謎の女が現れ、腹部を撃ち抜かれる。

啓が目を覚ますと、そこは同じ境遇の者が多数集められた謎の施設だった。

魅音を名乗る女の説明により、現実世界で彼らは死亡した扱いになっていること、

1人に1つ能力が与えられていることが説明される。

啓たちは能力の実験モニターとなるために集められていた。

能力を制御する手枷、能力を行使した殺傷も可能なことが基本ルールとして説明され、

以降彼らはプログラムと称したバトルに参加していく…。