11月の新作


マンハッタン島で強盗事件が発生し銃撃戦の末、警察官8人が殺害された。

捜査に乗り出したのは、警察官だった父を殺された過去を持つデイビス刑事。

マンハッタンを全面封鎖して犯人の行方を追うが、事件の真相に迫るうちに思わぬ事実が

浮かび上がる。孤立無援となったデイビス刑事は、事件の裏に潜むニューヨークの闇に

立ち向かうが……。











自らを「スター・ロード」と名乗り、いい加減な性格でプレイボーイな

トレジャーハンターのピーター・クイルは、ある日、惑星モラグの廃墟で

謎の球体「オーブ」を見つけ、盗み出すことに成功する。

しかし、そのオーブは銀河を滅亡させるほどの力を宿したパワーストーンで、

暗躍する「闇の存在」が探し求めていたものだった。

オーブを狙う者たちに追われ、凶悪犯だけが収容されるという銀河一危険な収容所に

入れられてしまったピーターは、そこで一緒になったロケット、グルート、ガモーラ、

ドラックスと協力して脱獄。たまたま利害関係が一致しただけで信頼関係もない5人は、

内輪もめを繰り返しながら逃亡を続けるが、そんな彼らに「闇の存在」の魔の手が迫る…。












死者の記憶を映像化し、犯罪捜査を行う科学警察研究所法医第九研究室、

通称「第九」。

室長・薪剛の指揮により、新人捜査官の青木一行らが、家族惨殺事件で死刑となった男の

記憶を映像化した。しかし、男の脳内映像として映し出されたのは、

事件以来行方不明となっていた男の娘・絹子が家族に刃物を振り上げる姿だった…。






結婚50年を迎える大原夫妻。定年退職した夫の真一が家にずっといることで、

妻の千賀子は夫在宅ストレス症に陥っていた。

相手への気遣いもまったくなくなり、真一は健康麻雀、千賀子は健康コーラスに

通って趣味仲間にお互いの愚痴を言い合う2人は熟年離婚寸前となっていた。

そんな中、葬儀社に転職したばかりの菅野と出会った娘の亜矢は終活フェアの存在を知る。亜矢から終活フェアへの参加を勧められた千賀子はフェアに足を運び、

前向きに今後のことを考えようとするが、千賀子の終活への姿勢に、

真一は「縁起でもない」と嫌がり、夫婦に新たな危機が生まれてしまう…。