11月の新作



峠 最後のサムライ


大政奉還が行われた1867年、260年余り続いた江戸幕府が倒れて諸藩は東軍(旧幕府軍)と西軍(新政府軍)に分裂する。翌年には鳥羽・伏見の戦いをきっかけに戊辰戦争へとなだれ込むが、越後の小藩である長岡藩の家老・河井継之助(役所広司)は冷静に事態を見守っていた。彼は東軍と西軍いずれにも属さない武装中立を目指し、和平を願い談判に挑むが......。




全員死刑


家族想いの主人公タカノリは、情緒不安定な組長の父・テツジと、ヒステリックな母・ナオミを借金苦から救う為、兄・サトシと共に近所の資産家一家の現金強奪を実行する。しかしあまりにお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害し事態はエスカレート。止まらないアドレナリンと「家族のため」という合言葉を胸に、タカノリ達の人殺しは狂いに狂い咲いていく!




服役していた天道会の織田征仁が釈放された。織田は天道会ではなく、織田同志会へ復帰し、横浜へ戻ってきた。織田同志会では小野田勝利が会長として会を支えていたが、横浜では金狼会、相模会が勢力を伸ばしていた。また警察の取り締まりも厳しくなり、副会長の杉田晋作は拘留の身となっていた。織田はまず、拘留されている杉田を開放するために横浜港署に向かうのだが、そこに立ちはだかったのは織田と古くから付き合いのある刑事・桜井栄一だった。