top of page
  • netroom1st

3月のおすすめ

亜人


 人と呼ばれる決して死なない新人類が発見され、人間による苛烈な差別を受ける世界。

死んでも元の状態で復活してしまう不死身の人種「亜人」。世界でまだ数十人しか確認されていない希少な存在であり、捕まった亜人たちは様々な「実験」をされているのだとか。

現代日本で普通の高校生活を送っていた主人公・永井圭は、事故でトラックに轢かれて一度は死亡しますが、すぐに生き返ってしまい亜人であることが発覚します。 これまでの生活が一転して追われる身となった圭は、過酷な運命に翻弄されながらも自身の生きる道を探していくことになります。


魔都精兵のスレイブ


 本各地に、突如として謎の門が出現。

その先の異空間『魔都』には女性にのみ食べた者に特異な能力をもたらす桃が存在し、『醜鬼』(しゅうき)と呼ばれる怪物を退治するため、女性兵による戦闘集団『魔防隊』が組織された。

 活躍できる場所を求めていた男子高校生・和倉優希はある日、魔都へと迷い込むと醜鬼に襲われてしまう。そこへ駆けつけたのは魔防隊七番組の美しき組長・羽前京香。京香の能力で奴隷(スレイブ)と化した優希は力を開花させ、醜鬼を見事打ち倒し、奴隷 兼 魔防隊の管理人として醜鬼と戦うことに。

“飼われる少年”のバトルファンタジー、ここに開幕!


明治撃剣


 時は1874年。侍の時代の終焉を意味した大政奉還から7年。新政府(明治政府)は、欧米列強国に追いつくべく富国強兵策を推し進めていた。

元会津藩士の折笠静馬は、刀を捨て髷を落とし東京で人力車の車夫をしているが、戊辰戦争の時に官軍を震撼させた剣の腕前は今も健在だ。そんな彼は戊辰戦争で行方不明となった許嫁の鹿又澄江を捜していた。唯一の手がかりは、澄江と静馬がいつも作っていた折紙なのだが……。

そんな静馬はひょんなことで政府高官・岩倉具視の暗殺計画を阻止した手腕を買われて、新設されたポリス(警視庁)の一員に。

 同じ頃、東京で縄張り争いを繰り広げるヤクザ・守屋組に凄腕の隻眼の剣士・修羅神狂死郎が、ある目的を持って客人となった。守屋組は豪商と組んでアヘン密売を行っており、その利益を「武士の世を再び」と謀反を企てる黒幕へと上納していた。岩倉暗殺も、その人物が裏で糸を引いていたのだ。

 政府転覆の陰謀を追うことになった静馬と、守屋組で着々と地位を固めていく狂四郎。真逆の立場のこの二人のドラマが、運命的に交錯してゆく。その中で静馬に、悲しくも皮肉な出会いと別れが待っているとは知るよしもなかった。

Comentarios


bottom of page