9月の代表作

更新日:9月25日


STARWARS THE FORCE AWAKENS


エンドアの戦いから約30年後。最後のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーが姿を消した。その間に帝国軍の残党から新たに“ファースト・オーダー”が台頭し、再び銀河に脅威をもたらすと同時に彼の抹殺を計画していた。彼の双子の妹であるレイア・オーガナ将軍は、新銀河共和国の支援の下で独自の軍事組織“レジスタンス”を指揮してファースト・オーダーに立ち向かうと共に、彼の行方を捜索していた。




HUSTLERS ハスラーズ


2008年リーマン・ショックの影響で世界経済は冷え込んでいた。性風俗産業もその影響を免れることができず、金回りが目に見える形で悪くなっていた。そんな中、ある30代のシングルマザー(デスティニー)が生活費を稼ぐためにストリッパーになったが、思うように稼げずにいた。

デスティニーたちは古参のラモーナをまとめ役にしてある計画を実行に移すことにした。その計画とは、金持ちの客を泥酔させ、その隙に彼らのクレジットカードを不正に使用するというものであった。気分が大きくなった彼女たちはさらに大胆な手口で男から金を巻き上げるようになった。




ビヨンド・リコール


閉鎖的な田舎町で起きた殺人事件。容疑者扱いされたのは、忌み嫌われている青年だったが、真犯人は一体誰!?嫌味な常連客に因縁をつけられても、生活のためにボウリング場での仕事を辞められない主人公の青年。そんな事情を知ってか、ますます嫌がらせをエスカレートしていく客たち。ある日、その一人が失踪し、遺体で発見される。被害者を憎悪していた青年は殺人が起きた夜、泥酔し記憶がなかったことから、自身が犯人ではないかと思い込んでしまう。